書籍紹介

 

出版物のご案内

『350年を経て明かされる 小倉藩とその支藩の真相』


池上兼正著
A5判、並製本、308頁、定価2,300円+税
ISBN 978-4-907965-10-5
2018年3月1日刊
注文票ダウンロード

徳川体制下で行われた、類のない藩統治の実態
小倉藩と千束・小倉新田藩の歴史を、千束小笠原家に伝わる新たな資料を加えて読み解く。語り伝えられている「歴史」は果たして真実なのか?隠された真相の解明に真正面から挑んだ渾身の研究。
【内容】
小倉新田藩の創設/小倉藩による支配の真相/小笠原真方の遭難死/小倉の御変動について/九代藩主・小笠原貞正の誕生/貞正・大阪警衛の任に就く/長州再御征伐叢譜について/小笠原忠幹の亡くなった日/藩公一行の肥後国退避/版籍奉還と小笠原媛子の墓/虚構と史実が混在する千束の歴史話/千束という土地のこと/旭城とは何か/千塚原古墳とは何か/藩名「千束」の由来/千束藩の真の姿 他
【著者】池上兼正(いけがみ・かねたか)
小倉新田藩研究家。昭和22年、小倉新田藩士の曾孫として福岡県京都郡苅田町に生まれる。現在、北九州市小倉南区に在住。

『美夜古文化 32』


美夜古郷土史学校刊
B5判、並製本、70頁、頒価1,000円
2017年7月25日発行

【内容】
江戸期における枡屋・中原家と蓑島浦の海運事情(城戸昌司)/「蓑島―その歴史」ビデオシナリオ(山内公二)/蓑島歴史散歩(白石壽)/村上佛山の水哉園の「席序」評(城戸淳一)/明治期、豊前地域のキリスト教(安東邦昭)/豊津 峯高寺に眠る人々(三木義男)/葉山嘉樹の「反権威、虚飾を嫌う精神」を探る(小正路淑泰)

『新京築風土記』


山内公二著
A4判、並製本、410頁、定価2,000円+税
ISBN 978-4-907965-09-9
2017年3月25日刊
注文票ダウンロード

福岡県東部に位置する「京築」。黒田官兵衛の居城・馬ケ岳城、国指定の古代山城・御所ケ谷神籠石、明治の炭鉱王の邸宅・蔵内邸など、7年にわたって朝日新聞に連載された「新京築風土記」を再編集。長年の研究成果と緻密な取材で京築の歴史・文化をまとめた著者渾身の一冊。
【内容】
青龍窟/石塚山古墳/三角縁神獣鏡/御所山古墳/等覚寺松会/稲童古墳群/御所ケ谷神籠石/馬ケ岳城跡/今井祇園祭連歌奉納/末松謙澄生誕之地碑/綾塚古墳/橘塚古墳/永沼家住宅/豊前国分寺/岩垂邦彦記念碑/吉田学軒顕彰碑/小宮豊隆文学碑/堺利彦顕彰碑/葉山嘉樹文学碑/鶴田知也文学碑/船迫窯跡公園/本庄の大楠/旧藏内家住宅/綱敷天満宮/求菩提山/犬ケ岳/旭城跡/求菩提山と黒田官兵衛/大河内伝次郎生家跡/矢頭良一/小笠原家墓地/鈴熊寺薬師如来坐像/神相撲/穴ケ葉山古墳/唐原山城跡/友枝瓦窯跡/大ノ瀬官衙遺跡/豊前神楽 他300項目
【著者】山内公二
昭和15年、福岡県生まれ。市役所に勤務し教育部長等を歴任。退職後『行橋市史』編纂に従事。現在、行橋市文化財調査委員、美夜古郷土史学校事務局長、福岡県地方史研究連絡協議会理事などを務める。主な著書に『京築風土記』『ふるさとの思い出写真集 行橋』『京築の文学碑』(共著)『中津街道』(共著)『京築文化考』(共著)などがある。

『カタルシスプラン 面白いと確信して描ける漫画演出』


樹崎 聖著
A5判、並製本、192頁、定価1,200円+税
ISBN 978-4-907965-08-2
2016年9月14日刊
完売しました

『交通事故鑑定人環倫一郎』などのヒット作の作者であり、数多くの連載漫画を描き続けてきた樹崎聖による漫画演出の指南書。
キャラクター論、アイデア、コマ割りから面白く魅せる脚本、最高の形で魅せる演出へ。最も大事な「カタルシス」の表現に向けて徹底的に突き詰めて考え、導き出された超実践的な「奥義」が満載の一冊です。
【著者】樹崎 聖
漫画家。漫画元気発動計画主催、Domix 編集長。『ff(フォルテシモ)』『ハードラック』『とびっきり』(週刊少年ジャンプ)、『交通事故鑑定人 環倫一郎』( スーバージャンプ)、『ZOMBIEMEN』(月刊アフタヌーン)など漫画連載多数。

『10年メシが食える漫画家入門Renewal 悪魔の脚本・魔法のデッサン』


樹崎 聖著
A5判、並製本、224頁、定価1,300円+税
ISBN 978-4-907965-07-5
2016年9月14日刊
注文票ダウンロード

『交通事故鑑定人環倫一郎』などのヒット作の作者であり、数々の連載漫画を描いてきた樹崎聖による超実践的な漫画家入門書。大好評を博した前著『10年メシが食える漫画家入門』から7年を経て、電子出版に関する項目を加筆するなど内容を大幅にリニューアルしました。
魅力的な主人公像、ヒットするタイトルの付け方から、自然なパースの取り方、キャラの造型、正確なデッサン方法といった作画技法にいたるまで、惜しみなくお話しします。
【著者】樹崎 聖
漫画家。漫画元気発動計画主催、Domix 編集長。『ff(フォルテシモ)』『ハードラック』『とびっきり』(週刊少年ジャンプ)、『交通事故鑑定人 環倫一郎』( スーバージャンプ)、『ZOMBIEMEN』(月刊アフタヌーン)など漫画連載多数。

『美夜古文化 31』


美夜古郷土史学校刊
B5判、並製本、64頁、頒価1,000円
2016年6月20日発行

【内容】
中世京都平野の再発見~史料蒐集はつづく~(井上聡)/行橋発展の礎を作った「八代・柏木勘八郎」(白石壽)/郷土を愛した鉄鋼王中山悦治(三木義男)/沓尾の石工 辻家の人々とその作品(橋本幸作)/立山霊場調査報告(横山英男)/京築地方のため池(山内公二)

『38年 教職つれづれ草』


泉 尚也著
A5判、並製本、188頁、定価1,500円+税
ISBN 978-4-907965-06-8
2016年4月1日刊
注文票ダウンロード

スターコーンFM『もっと知りたい日本の文化』放送原稿をベースに、今まで出会った人々、趣味で描いた絵手紙、エッセイ等を盛り沢山に収録。元高校教師の著者38 年間の教職生活の総決算!
<もっと知りたい日本の文化>
・ある恋の物語・姨捨山伝説・『百人一首』・無邪気な児さんの話・お坊さんの劣等感・人間の物欲・理想郷に迷い込んだある男の話・江戸時代の俳人・ 私のこと見くびらないでよ・わが子をこよなく愛した山上憶良と東歌・万葉人の恋の告白&求婚・築上町にゆかりのある人物
<私の嫌いな五人の人々><私の好きな五人の人々>ほか
【著者】泉 尚也
1955年、福岡県生まれ。熊本大学卒。県立高校と養護学校で38 年間、国語科教師として教鞭を執る。百人一首大会やボランティアクラブの活動など、生徒と一緒に取り組む指導で知られ、趣味で描く絵手紙や地元FM 放送でのユニークな文学講義のファンも多い。

『音読 孫子』


利島雄之助著
A5判、並製本、224頁、定価1,800円+税
ISBN 978-4-907965-05-1
2015年10月15日刊
注文票ダウンロード

声に出して読む孫子
孫子全十三篇の読み下し文を音読に適した大活字で収録
著者による大意の解説と孫子成立の時代背景に加え、現代日本への思いを添えた著者渾身の書き下ろし!
【内容】
孫子 始計/作戦/謀攻/軍形/兵勢/虚実/軍争/九変/行軍/地形/九地/火攻/用間
音読について
孫子の周辺 春秋時代と孫子/呉の興亡と孫武/孫子の日本への伝播
現代に思う
【著者】利島雄之助
1935年、福岡県小倉(現北九州市小倉北区)生まれ。一橋大学卒。現在、株式会社ワイケーサービス代表取締役会長。埼玉県在住。

『もぐらとキムチ』


木下 繁著
四六判、並製本、304頁、定価1,400円+税
ISBN 978-4-907965-04-4
2015年7月15日刊
全国学校図書館協議会選定図書
注文票ダウンロード

舞台は昭和48年。
大阪から北海道のとある田舎町に引っ越した「ぼく」は、在日コリアンだった。
好奇と差別に傷つき悩みながらもたくましく向き合う少年と家族の物語。
北海道のとある田舎町に引っ越すことになった在日コリアンの一家。その長男である「ぼく」を中心に、私たちの社会に巣食う「差別」の罪深さをコメディタッチで描くアンチヘイトエンターテイメント。笑いあり、涙あり、そして懐かしさが満載です。
【著者】木下 繁
1967年、北海道生まれ。神奈川県在住。
スポーツ新聞記者を経て、アルファポリスファンタジー小説大賞を受賞した『アニマルゲッター』(アルファポリス)で作家デビュー。 その後、『ハリィにおまかせ』(講談社青い鳥文庫)、『Dr.デュオ』(講談社週刊少年マガジン)原案担当をはじめ、自動車関連サイトやスポーツ紙など、幅広いメディアで執筆している。

『夏の花』


原 民喜著
B6変、並製本、104頁、定価900円+税
ISBN 978-4-907965-03-7
2015年8月24日刊
注文票ダウンロード

広島原爆を描いた小説の中でも最高のもの」(遠藤周作)
原爆被災直後の20年秋から冬にかけ、避難先で死の不安におびえつつ、書きとどめたものといわれる。八月初めの一日亡妻の墓に詣でて名も知れぬ「夏の花」を手向けた作者は、その翌々朝起き脱けのままの姿で原子爆弾の一撃にあう。この作品は、それから丸二日にわたる凄惨な広島の実景と郊外の八幡村へ避難してからの事実を、ときにはカタカナで書きなぐり、時には出来事の前後のつながりも不明瞭なまま挿入されている。一見ルポルタージュ風の冷静な視覚的描写の中に犠牲者に対する作者の哀傷や祈りの念が深くこもっており、読者に清冽な印象と感動を与える。
『夏の花』は、「壊滅の序曲」「廃墟から」とともに単行本に収められ、三部作をなしている。「壊滅の序曲」で描かれる原爆以前の家族らの感情の行き違いは、逼迫した戦況を語る一方、感情など語る余裕もない原爆以後を不気味に照射し、「廃墟から」は終戦を迎えた広島を、おさえた筆致で綴る。
※広島市立中央図書館「WEB広島文学資料室(原民喜の世界)」より
【著者】原 民喜
1905年広島市生まれの詩人、小説家。慶應義塾大学英文科卒。
はじめ糸川旅夫の筆名で詩人として出発するが、36年頃から『三田文学』などに短編小説を発表。妻の死の翌45年に郷里の広島に疎開して被爆。そのときの惨状をメモした手帳をもとに書いた「夏の花」(47年)は第一回水上滝太郎賞を受賞した。被爆の翌年から再び上京して数々の作品を発表していたが、51年3月、体調不良と厭世観を苦に鉄道自殺。

『心のとびら』


兼平真知江著
A5判、上製本、64頁、定価1,000円+税
ISBN 978-4-907965-02-0
2015年5月15日刊
完売しました

飾らない素直な言葉で綴られた57 篇の詩、車イスの詩人が贈るあたたかい言葉の数々。
車イスの上から優しく自然を見つめる詩人・兼平真知江の処女詩集。
飾らない素直な言葉で綴られる彼女の詩には、難病とたたかった女性の強さと厳しさ、その中で生まれた優しさとあたたかさが溢れます。
第十八回NHKハート展入選作「看護婦さん」をはじめ、家族への思い、可愛らしい自然の姿、闘病の中で揺れる気持ち、他愛ない日々の出来事など、著者自身が選んだ作品を集めました。
【著者】兼平真知江
1961 年、福岡県生まれ。25 歳の頃、病気により全身が動かなくなるが、長期の入院治療により車イスでの生活ができるまでに回復。16 年前に詩作を始め、現在は創作の日々を送っている。2013 年に「看護婦さん」で第18 回NHKハート展入選。大分県在住。

『うめ 或る売られた女の回想』


島 雄介著
四六判、並製本、240頁、定価1,600円+税
ISBN 978-4-907965-01-3
2014年12月1日刊
注文票ダウンロード

80歳の老作家が描く耽美の世界!
貧しさから女衒に売られ、運命に翻弄される少女うめ。何も知らない娘の体は次第に女のそれへと調えられ、自ら男を求めるまでになってしまう。所詮、男女のまぐわいなぞ禽獣の行いさ、そんな言葉にも励まされ、奔放な性に目覚めるうめ。しかし、そんな彼女に運命が用意した結末は―
江戸時代末期の風俗爛熟期を背景に、15歳で江戸に売られた無垢の少女が体験する性の曼荼羅。
彼女の運命を、あなたは不幸だと思いますか?
【著者】島 雄介
1935 年、福岡県生まれ。一橋大学卒業。
会社経営のかたわら文筆活動を行っていたが、本作が筆名・島雄介としての 処女小説となる。

『おれ、死にたくない 生体肝移植と闘った15歳の少年』


白川里美著
四六判、並製本、256頁、定価1,400円+税
ISBN 978-4-907965-00-6
2014年10月1日刊
注文票ダウンロード

平成2年、ひとりの男の子が誕生した。名前は和也。夫婦にとって次男となるその男の子は元気で愛らしい赤ちゃんだった。しかし生後間もなく先天性の胆道閉鎖症であることが判明。和也は大手術を受けて一命をとりとめ、母の献身的な支えで順調に成長していった。
ところが和也が中学3年のクリスマスイブ。主治医から肝臓移植の可能性を提案される。大学病院でひとまずの検査入院のつもりが、勧められてそのまま生体肝移植を受けることに。4月からは高校生だ。これでもっと元気になれるはず、そう信じた移植手術だった。しかし……
本書は1年後生存率83%と言われる生体肝移植の、その83%に入れなかった少年の必死に生きようとした記録であり、それを支えようとした母の苦悩の物語である。
【著者】白川里美
本書に登場する15 歳の少年・和也の母。平成17 年に自身がドナーとなって息子の生体肝移植を受けるが術後2 か月で他界。その経験を通じ、医療とは何か、家族とは何かを問い続けている。福岡県在住。